野菜ソムリエの『ベジフルれしぴ』

たっぷり白菜とじゃがいもの炒め煮

白菜とジャガイモの炒め煮

☆材料(2人分)

  • 白菜・・・2~3枚
  • ジャガイモ・・・2個
  • サラダ油・・・大さじ1

    <調味料>
    ・砂糖・・・大さじ2
    ・しょうゆ・・・大さじ2
    ・みりん・・・大さじ1
    ・和風だしの素・・・小さじ1

☆作り方

  1. 白菜とジャガイモの炒め煮ジャガイモは皮をむき、ひとくち大の食べやすい大きさに切る。
    竹串が通るくらいに下茹でし、ザルにあけ水気を切っておく。





  2. 白菜とジャガイモの炒め煮白菜は葉の部分と茎の部分に分け、それそれ1~1.5cm程度の幅に切る。
     ※葉の部分は少し大きめでOKです。





  3. 白菜とジャガイモの炒め煮熱したフライパンにサラダ油を入れ、中火で白菜の茎の部分を炒める。
    火が通ってやわらかくなってきたら、葉の部分と1.のジャガイモを加えて一緒に炒める。
     ※ジャガイモは茹でてあるので、白菜がシンナリしてきたらOK♪




  4. 白菜とジャガイモの炒め煮火を弱め、<調味料>を入れて全体に絡めてコトコトで煮込む。
     ※味見してみてね(*^_^*)
    味が染みてきたら完成♪




☆ぽいんと!

♪火の通りが違うのでご注意を!
 白菜の茎と葉の部分では、極端に火の通りが違うので、先に茎の部分を炒めましょう!
葉の方は少し大きめに切ってOKですよ(^_^)v
白菜の水分が出てくるので、水を足さなくても大丈夫です。もし、あまり出てこないわ~と思うときは、少し水を足してあげましょう。
※味見をしながら足してくださいね。

♪次の日には・・・
 味が染みて美味しくなっていますよぉ♪
アレンジとして、卵でとじてご飯の上に乗っけても美味しく食べられます。ジャガイモもたっぷりなので、ご飯の量を減らしてカロリーダウンでどうぞ~☆


白菜(晴舞台)生長中・白菜・・・白菜は鍋の時期には欠かせない“冬野菜の代表”というイメージを強く抱かれやすいのですが、よ~く観察すると一年中出回っている野菜なんですよ!
90%以上が水分と体に嬉しい低カロリーなのに、ビタミンCや食物繊維、カリウムやカルシウムなどのミネラルがバランス良く含まれています。
 ビタミンCは水に溶けやすく、加熱すると壊れやすいので、鍋物や煮物などにする時はスープも丸ごと頂いちゃいましょう!うま味成分のグルタミン酸なども多く含まれているので、煮込むと甘くうま味がさらにアップしますよ!
加熱するとかさが減るので、ちょっと多いかな?と思うくらいの量を入れて、低カロリーでおなかがいっぱいになる嬉しいダイエットメニューにもなりますね♪
からは、白菜の魅力をた~っぷりお届け♪『白菜のおはなし』→→ こちらから~(^0^)/


キタアカリ・ジャガイモ・・・ジャガイモは、水分 80%、炭水化物18%、 たんぱく質が2% 弱と、野菜と穀物の良いところを併せ持った、とてもバランスの良い作物なんです。でんぷん質に守られているので、加熱してもビタミンCの損失は少なく、食物繊維やカリウム、ミネラルも多いのも魅力ですね。
しかも!カロリーは、ごはんの半分以下!食物繊維は5.3倍という、とってもヘルシーな食材なのです(^_^)v
“ダイエット中だから、ごはんを減らしたいの・・・”なんていう方には、ぜひオススメのジャガイモですよ。

 ジャガイモにはたくさん種類があります。それぞれ甘さや質感も違うので、色々なジャガイモで試してみると、お好みの味にめぐり会えるかもしれませんね☆
『素朴な顔をしてすごいやつ!』で、ジャガイモってこんなすごい野菜なんです! 
→→ お話はこちらから♪


 【おにおんぼうず】のジャガイモたちはこちら~(^0^)/

ジャガイモたちは、寒くなるとグ~ッと うまみと甘みが増して、とっても美味しくなるんですよ♪
お料理によって使い分けてみてはいかがでしょうか?
粉吹き芋やポテトサラダなど、肉じゃがやカレーなどの煮込み料理だったり。。。☆

ピンクの目をした『キタアカリ』は、→→こちらから~♪ ※栗のような甘みとホクホク食感!
なめらか食感じゃがいも!『とうや』は、→→こちらから~♪  ※煮崩れしにくいから煮込み料理最適!

北海道の自慢の味覚を、ぜひ!お試しください~(^0^)/

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休日

誠に勝手ながら、5月24日(金)~28日(火)は特別休日とさせていただきます。
ご迷惑お掛けしますが、何卒よろしくお願いします。

twitter

お支払い方法


楽天ID決済

フードアクション

カスタム検索
 
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ページトップへ