野菜ソムリエの“薫る旬感”

白菜のおはなし

白菜
白菜って、こんな野菜

白菜はキャベツと同じアブラナ科アブラナ属です。

白菜は"冬に「お鍋で食べる野菜」、「お漬物で食べる野菜」"

白菜=冬野菜の代表

というイメージが強いと思いますが、白菜は一年中出回っていて、
収穫は3~12月(旬は6~12月)と、これまたほぼ一年中収穫出来てしまう野菜なのです!!

日本での作付面積はダイコン、キャベツに次いで3番目に多いというのも、
意外と知られていない事実ではないでしょうか?

☆特徴☆

  • 結球の外側の葉は緑色をしていますが、内部へいくほど黄白色になります。
  • 栄養価は外側ほど高い傾向があります。つい外側の葉をむいて捨ててしまいがちですが、むきすぎるのは、とてももったいないお話ですよね。(*^_^*)
  • 一年中出回っておりますが、旬のピークはやはり冬で、霜に当たると繊維がやわらかくなり、風味が増し甘みが出てもっとも美味しい時期です。

☆栄養☆

  • 食物繊維やミネラルが豊富です。ダイコンと並んでビタミンCが多く含まれています。
  • 水分がほとんどなので、ちょっと多いかな?と思うような量をお料理に使っても全然平気です♪お料理が完成した時に、あれ?こんなに少なくなっちゃった。。。ということになりますので、ぜひ!いつもよりたくさん入れて下さいませ(^_^)v
  • 漬物にすると、ビタミンCがアップしますよ!

☆調理法☆

白菜レシピ
  • 煮物、汁物、炒め物、鍋料理、漬物等、何にでも使われます。
  • クリームシチューや根菜との炒め煮、中華風あんかけにしてもとっても美味しいですよ。もちろん塩漬けやキムチも定番ですよね♪
  • 生ではシャキシャキとした歯ざわりがあり、煮込むと柔らかくなります。味は比較的淡白で、キャベツなどと比べると柔らかです。

日本では加熱して用いることが多いので、生食でサラダ用とされることは、あまり広まっておりませんが、実はサラダで頂いても美味しいんですよ♪葉と茎を分けて、葉はそのままドレッシングをかけていつものサラダのように。茎はスティック状にしてスティック野菜として、マヨネーズやディップを付けてオシャレな一品としてどうぞ♪

☆保存方法☆

  • 丸ごとの場合・・・新聞紙に包んで冷暗所に立てて保存して下さいね。葉っぱを下にしたり横にすると、白菜の重みで下の方が痛みやすくなりますのでご注意!
    ※新聞紙が濡れてしまうと痛みの原因になるので、濡れたら変えてあげるのをお忘れなく!
  • 切ってある場合・・・きっちりラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう!
『おにおんぼうず』の高橋さんの白菜は・・・晴舞台】という品種です。
色々な病気に強く、玉の肥大が良く大きいのが特徴です。
葉はもちろん、茎の部分もとってもやわらかくて甘いんですよ!
甘くてやわらかく、おいしい白菜を丸ごと頂きましょう~(^0^)/
<畑デビューしたての可愛らしい白菜>

2010/8/19

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休日

誠に勝手ながら、5月24日(金)~28日(火)は特別休日とさせていただきます。
ご迷惑お掛けしますが、何卒よろしくお願いします。

twitter

お支払い方法


楽天ID決済

フードアクション

カスタム検索
 
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ページトップへ