野菜ソムリエの“薫る旬感”

節分には豆をまこう!豆を食べよう♪

節分で厄払い
~北海道は落花生♪
2013節分おにおんぼうず節分

2013節分 もうすぐ節分(2月3日)ですね!節分は「立春」の前日に行われますが、“季節を分ける”という意味もあり、季節の変わり目に生じると考えられていた“邪気(鬼)”を追い払って、福を呼び込む「追儺(ついな)」という行事が豆まきの始まりと言われています。
最近では、恵方を向いて願掛けする恵方巻きが北海道でも広がってきており、美味しそうな太巻きや恵方巻きをイメージしたスイーツなども、たくさん出回っているようですが、やはり節分には豆が欠かせませんよね。
スーパーでは、いろいろな種類の豆が並んでいます。大豆や落花生だけではなく、黒豆やきな粉をまぶした豆など健康志向がうかがえる豆も数多く並んでいます。昔はこんなにたくさん種類は無かったなぁ~。見ているだけで、楽しくなってしまいます♪
北海道の節分で欠かせない豆といえば、やはり落花生です。“え!?大豆じゃないの?”と驚かれることもありますが、北海道では落花生をまくことが多いんです。北海道のほかにも、東北や信越地方でも落花生を まくことが多いそうです。
北海道でも、もともとは大豆をまいていましたが、昭和30年代ころから“掃除がしやすい”とか“物を粗末にしない”などの理由から、落花生がまかれるよになったのだとか。雪の上に落ちても探しやすいし、ちゃんと拾って無駄なく食べられますものね(*^_^*)

~落花生の品種~

2013節分 じつは、この落花生にもいろいろな品種があるんです!
乾燥させ炒って食べるには最適の「千葉半立」や「ナカテユタカ」、「タチマサリ」などのほか、なまのままで茹で落花生向きの「郷の里」や、最近誕生したジャンボサイズの「おおまさり」など。。。
パッケージの裏に記載されている品質表示を見てみると、へぇ~!と勉強になります。食べ比べをして自分のお気に入りも見つけられますね。
 その中でも私のお気に入りは、なま落花生千葉県が落花生の産地として有名ですが、北海道でも栽培され始めているんです。昨年、岩見沢市北村産のなま落花生にめぐり会えて大感激でした。
年中出回っている乾燥した落花生より、早い時期の未成熟の状態で収穫するなま落花生は、収量も時期も限られているので、とても貴重なんです。冷凍されて通年出回っているものもありますが、やっぱり旬の味覚は最高なんですよねぇ~。
シンプルに塩で茹でてアツアツを食べると、も~う!止まらない美味しさなんです♪オーブン焼きやサラダにしたり、炊き込みご飯やひじきと煮物にしたりと、その食べ方もバラエティに富んでいるんです。今から収穫期が楽しみだなぁ~(*^_^*)

~落花生の栄養~

2013節分 落花生は脂肪分が多く、その脂肪分は不飽和脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸であり、中世脂肪を抑えコレステロール値を下げる働きがあります。ビタミン類やカリウム・マグネシウム・リン・鉄などのミネラルも豊富に含まれており、抗酸化ビタミンとも呼ばれるビタミンEは、女性に嬉しい美肌作り、老化防止にも効果が期待されます。また、エネルギー代謝に関わるビタミンB1や、妊婦さんにオススメの葉酸、アルコールの代謝促進に効果的な働きをするナイアシンなども豊富に含まれているんです。
落花生の薄皮(茶色)の部分には、ポリフェノールの一種のレスベラトロールが含まれており、抗酸化作用のほかアンチエイジングや美容効果などでも注目されています。皮も一緒に食べなきゃもったいないわぁ~(*^_^*)。
 このように栄養価がとても高いことなどで、漢方では長寿果と呼ばれるそうですよ。ひと粒食べると、またひと粒・・・ふた粒・・・と、ついつい止まらなくなってしまうんですよね。ここでご注意!落花生は、じつはとても高エネルギーなので、食べすぎに注意して、毎日少しずつ食べたり、ちょっと食べすぎたかなぁ~?と思ったら、日にちをあけてから食べるようにすると良いかもしれませんね。上手に栄養を摂りたいものです(^_^)v

 さて、2013年の恵方は南南東だとか。。。何よりも健康が一番!今年も元気で過ごせますように~☆

野菜ソムリエ 木田靖代
2013/2/1

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休日

【ご案内】
誠に勝手ながら、8月12日(月)~17日(土)は特別休暇とさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

twitter

お支払い方法


楽天ID決済

フードアクション

カスタム検索
 
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ページトップへ