野菜ソムリエの『ベジフルれしぴ』

具だくさん!北海道のシャケ汁

シャケ汁

☆材料(4人分)

  • ジャガイモ:4~5個
  • ニンジン:中1本
  • ゴボウ:2本
  • 甘塩シャケ:4切れ
    ※切り身で売られているものだと簡単♪
  • つきこんにゃく:1袋(200g)
    ※板こんにゃくでもOK!
  • 水:6カップ
  • ショウガ:1カケ
  • みそ:大さじ4
  • 和風だしの素:小さじ1.5

☆作り方


(下ごしらえ)
 ・ジャガイモ・ニンジンは皮をむいて、ひとくち大の乱切りにする。
  ※気にならない方は、ぜひ栄養丸ごと!皮のまま調理してくださいね。
 ・ゴボウはワタシでこすり洗いをし、ひとくち大の乱切りにし、ボウルに入れて水を1~2回替える。
  ※水にさらしすぎると、栄養分が逃げてしまうので、さっと水を替えるだけでOKですよ(^_^)v
 ・シャケは、2~3等分の削ぎ切りにする。
  ※お子様がいる場合は、大きな骨を外しておいた方がイイですね。
 ・つきこんにゃくは、ザルにあけて水洗いをして水気を切っておく。
  ※板こんにゃくを使う場合は、ひとくち大に手でちぎる。包丁で切るよりも味がしみ込みやすくなりますよ!
 ・ショウガは、皮をスプーンなどでこすり取り、千切りにする。
  1. 鍋に下ごしらえしたジャガイモ・ニンジン・ゴボウと分量の水を入れて、フタをして強火で煮る。沸騰したらフタをずらし、材料がやわらかくなるまで煮る。
  2. シャケ・つきこんにゃく・ショウガを入れ、シャケが煮えたら、弱火にしてみそ・和風だしの素を入れる。
    (こんにゃくは煮すぎると固くなるので、野菜がやわらかくなってから入れましょう。みそを入れる時は弱火にしてくださいね。)
  3. クツクツっと、ひと煮立ちさせたら完成!

☆ぽいんと!

ゴボウ ・・・アクの正体は“ポリフェノール”

 食物繊維が豊富な『ゴボウ』は、腸の調子を整えてくれたり、悪玉コレステロールをやっつけて動脈硬化を防ぐ働きをしてくれたり、糖尿病予防にも効果が期待できます。
さらに嬉しい効果を発揮してくれるのが“ポリフェノール”です!ゴボウを切ってしばらくすると、変色してくるので、水にさらしてアク抜きをする場合もありますが、この正体こそが“ポリフェノール”なのです。 抗菌・消炎作用や、強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や美白効果も期待される素晴らしい成分なので、水に流してしまうのは、とてももったいないこと ですね!さっと水にさらすだけでOKですよ(^_^)v特に新ゴボウはアクが少ないんですよ。
 皮や皮に近い部分に栄養がたくさん含まれているので、皮をむかず、タワシで水洗いするだけで十分ですが、どうしても気になる場合は、包丁の背でこそぎ落 としてください。

 「豚汁」の豚肉を北海道ならではのシャケに変えて「シャケ汁」にしてみました。いつもは焼いて食べるシャケ「シャケ汁」に変身~♪それぞれのご家庭の味でチャレンジしてみてくださいね(*^_^*)。寒い日には、体の中からぽかぽか暖めてくれるショウガパワーが強い味方です。お好みで入れる量を調整してくださいね。すりおろしてもOKですよ!
あったか~い具だくさんの「シャケ汁」で、おなかも心も大満足0(^_^)0

 野菜を同じ大きさに切ることで、火の通りも均一に、見た目もキレイに出来上がります♪
野菜を全部お鍋に入れて水から煮るので、とても簡単にできます。みその濃さは、お好みで調整してくださいね!

 スジばっていなくてホクホクの食感で、生で食べてもとても美味しい『ありがとうゴボウ』を、ぜひお試しください(^0^)/
 →→こちらからどうぞ~♪

常豊(村上)
≪ありがとうゴボウ♪≫
エコファーマー

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休日

【ご案内】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで、年末年始特別休業とさせていただきます。
何卒、よろしくお願いします。

twitter

お支払い方法


楽天ID決済

フードアクション

カスタム検索
 
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ページトップへ