野菜ソムリエの“薫る旬感”

寒さに負けるな!かぼちゃパワー!

坊ちゃんかぼちゃ

冬の寒さに負けない「かぼちゃ」パワー!!

かぼちゃはウリ科カボチャ属です。

秋になると『かぼちゃ』を使ったお料理やスイーツが出回り、味覚の秋をめいっぱい堪能させてくれます。
そうして・・・12月には「かぼちゃ」を抜きでは語れない『冬至』を迎えます。~今年は22日(水曜日)です!~

『冬至にかぼちゃを食べると長生きする』と言われるほどスーパーパワーの持ち主なんですよ0(^_^)0

☆特徴☆

  • 日本のかぼちゃは「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「飾り用(おもちゃ)かぼちゃ」に分類されます。凹凸が多い「日本かぼちゃ」、溝がないつるんとした表面の「西洋かぼちゃ」、ハロウィンの頃に良く見かけて楽しませてくれた「飾り用(おもちゃ)かぼちゃ」。。。お店で並んでいる多くのものは「西洋かぼちゃ」です。ホクホクして甘みが強いので“栗かぼちゃ”とも言われていますよ。
  • 主産地は・・・ナント!!北海道がダントツの1位で、約半分を占めているんです♪次いで鹿児島が約6%・茨城が約4%となっています。
  • かぼちゃは冬の野菜と思われがちですが、旬は意外にも夏(6~11月頃)なんですよ!長期保存が利くうえ、『冬至』のイメージが強いので、冬の野菜と思われがちですが、冬場はメキシコやニュージーランドなどの外国からやってきています。
  • 夏に採れたものを冬まで置いていても、ビタミン類が失われません!しかも、採れたての時はデンプン質が多くて甘みをあまり感じませんが、置いておくと酵素の働きでデンプン質がだんだんと糖化して、あま~くなるのです(^_^)v
  • ほっくりした甘さは、おかずだけではなく、和・洋問わないスイーツにも大活躍ですね♪

☆栄養☆

カボチャ画像

  • なんといってもビタミンCやカロテンの量が多く、緑黄色野菜の不足する冬には、カロテンの大事な補給源となります。活性酸素を除去し、皮膚や粘膜を強くするとされています。さらにビタミンB1・B2、カルシウムや鉄、食物繊維なども含まれた、とてもバランスの良い野菜なんですよ!“風邪を引かない!”と言われるのはこのためですね(*^_^*)
  • わたの部分には、実の約5倍ものカロテンが含まれているので、調理する時には、あまりキレイに取り除かない方が良いですね!食物繊維も取れるし、味も染み込みやすくなります。
  • カロテンは油と大の仲良し♪調理するときには、サラダ油やバターなどの油を入れてあげると、カロテンの吸収率が更にアップします!

☆調理法☆

かぼちゃレシピ

  • 煮物や天ぷら、ソテー、お味噌汁の具やサラダ、裏ごししてスープ、和・洋のスイーツなど幅広く活躍します。チーズ焼きも美味しいですよね♪
  • 『冬至』といえば・・・かぼちゃ汁粉!
  • 「日本かぼちゃ」は肉質がきめ細かく、煮崩れしにくいので、煮物にぴったり!
  • 「西洋かぼちゃ」は肉質はホクホクしいて甘みが強いので、味付けには糖分を控えた方が、さらにヘルシー!
  • 「飾り用(おもちゃ)かぼちゃ」の食用で面白いところでは、“そうめんかぼちゃ(金糸瓜)”があります。ゆでると果肉が、その名の通り“そうめん”みたいにほぐれるんですよ!

☆保存方法☆

  • 丸ごとの場合、風通しの良い乾燥したところに置きましょう。かぼちゃは湿気が嫌いです(>_<)
  • カットして保存する場合は、タネとわたを取り除き、きっちりラップをして冷蔵庫の野菜室へ入れて下さい。なるべく早く使い切ってあげてくださいね!
かぼちゃレシピ
 冬至とは・・・ “昼の時間がもっとも短く、夜の時間がもっとも長い日”

“1年の中で一番日の出が遅く、日の入りが早い日”とされています。
が・・・実際には、日の出がもっとも遅い日は冬至の半月後、日の入りがもっとも早い日は冬至の半月前頃だそうですよ!
日本ではこの日、ゆず湯(冬至風呂)に入り無病息災を祈り、かぼちゃを食べて金運を願う風習がありますよね。昔の人は、ちゃ~んと理にかなった食事をし、日々の生活を送っていたんですね(*^_^*)
さ~てと、今年もかぼちゃを入れたお汁粉を食べて、冬の寒さに負けない健康な体をつくるぞぉ~(^0^)/
2010/12/17

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休日

誠に勝手ながら、5月24日(金)~28日(火)は特別休日とさせていただきます。
ご迷惑お掛けしますが、何卒よろしくお願いします。

twitter

お支払い方法


楽天ID決済

フードアクション

カスタム検索
 
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ページトップへ