野菜ソムリエの“薫る旬感”

七夕・・・星に願いを☆

あなたは何を願う?
七夕

小麦 もうすぐ七夕(7月7日) ですね。北海道では多くの地域が8月7日を七夕としているので、 2度楽しめてちょっぴりお得な気持ちです♪
色とりどりの短冊にそっと願いごとを書き、織姫と彦星の1年に1度のせつない再会を思い浮かべて・・・どうか晴れますように!と、夜空を見上げて、ロマンティックな気分にもさせてくれます(*^_^*)
 でも、ただの年中行事のひとつではないんです!七夕は笹の節句とも言われ、五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)の一つにあたる大切な日でもあります。
もともとは、奈良時代に伝わってきた中国のお裁縫の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」と、日本の収穫した麦や雑穀をお供えして、ご先祖さまに感謝する「先祖祭り」が結びついたものとも言われています。平安時代には宮中行事となり、神木とされた梶(かじ)の葉に和歌を書いて願いごとをしたのだとか。
“○○が欲しい!”ではなく“○○が上手になりたい”など、向上心のある願いを短冊に書いて託すのが本来の意味のようです(^_^)v

七夕 七夕飾りには短冊以外にも、吹き流しや網飾りなど色々あります。江戸時代になってからは、色々な飾りをつけて、無病息災・商売繁盛などを願うようになりました。さて、その意味とは?その一部をご紹介(^0^)/
短冊・・・願いごとが叶いますように☆字が上手になりますように!
網飾り・・・豊年豊作大漁!
折り鶴・・・長寿のシンボル。家族みんなが元気で長生きしますように☆
大震災巾着・・・お財布。金運上昇!
笹の葉・・・邪気を払う!
ほかにも、吹き流し神衣(かみこ)くずかご提灯(ちょうちん)などなど、たくさんあるようです。いつの世も、人の願いが尽きないのは同じみたい(笑)

 節句に旬のもの食べて邪気を祓う風習がありますが、あれ?七夕で食べるものって・・・あまり知られていませんよね?
七夕じつは、七夕にはそうめんを食べる風習もあるようです。中国からの伝来、小麦粉のお菓子「索餅(さくべい)」から、そうめんになったとも言われていますが、天の川や織姫の織り糸に見立てた、小麦の収穫を神様に報告するためとも言われています。
 いずれにしても、暑さで食欲が減退する季節には強い味方ですね0(^_^)0キュウリレタストマトミョウガなど野菜をたっぷり添えて食べると、見た目も色鮮やか☆不足しがちな栄養も補給できます。
日本の風習には、先人たちから受け継いだ色々な意味があります。ひとつひとつの由来や地域ごとの違いなどを知ると、さらに楽しめるかもしれませんね♪

野菜ソムリエ 木田靖代
2014/7/4

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 特別休日

誠に勝手ながら、5月24日(金)~28日(火)は特別休日とさせていただきます。
ご迷惑お掛けしますが、何卒よろしくお願いします。

twitter

お支払い方法


楽天ID決済

フードアクション

カスタム検索
 
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ページトップへ